P9liteの使いこなし・・・root化できず、それよりひどい状態に。

P9liteでよくTeamViewerを使います。

フルHDのディスプレイですから、PCの画面をドットバイドットで表示されるので、非常に良い感じです。

確かに表示は、5.2型のディスプレイに表示されることになるので、非常に細かくなりますけど、すごい技術ですね。

 

Team Viewerは、基本的にタッチして操作するわけですが、マウスが使えると、よりWindowsライクに使いこなせるようになって、よいのではと思っていました。

 

調べてみると、Androidスマホは、OTGがサポートされていて、microUSBから変換コネクタを介してUSB機器、例えばマウス、キーボート、USBメモリなどを、特別なことをしなくても接続して使えるということなので、ぜひやってみたいと思いました。

 

OTG対応のmicroUSB(オス)-USB-A(メス)ケーブルを調達すれば良いようです。

今は100円ショップでも売っているという情報を見て、近くのセリアに行ってみましたが、残念ながらありませんでした。そのあと、ちょっとキャンドゥに寄ってみたら、なんと売っているではありませんか。

早速購入しました。たった100円ですからね。

 

そして、早速P9liteにケーブルをつないで、USBマウスをつなぎましたが、何も変化がありません。

調べてみると、な、な、なんとP9liteはOTGをサポートしていないということらしいです。ほとんどの機種ではOTGをサポートしているとの情報だったので、安心していたのですが、思わぬところで、落とし穴にはまってしまいました。やはり格安端末だからですかね。残念。

 

一方、Bluetoothのマウスをちょっと試せる機会があったので、設定→Bluetooth→BluetoothをONにして、マウスを認識させると画面上にカーソルが出てきて、タップ替わりのマウスクリックで使うことができました。
当たり前ですけど、ちゃんとBluetoothを通してマウスが使えることを確認できました。

しかし、残念ながら、TeamViewerにはマウスを認識してもらえませんでした。う~ん、そうなのか。それはそれで困った自体ですが、タブレットモードならOKとかという情報を見かけたりしたので、マウスを使える環境になってから考えたいと思います。

 

ところで、OTGサポートかどうかは、設定→メモリとストレージで、USBストレージの項目があればサポートされているらしいのですが、確かにそれらしき表示はありませんでした。

 

ここであきらめきれないので、再びネットで調べてみました。日本語のサイトではP9liteでOTGは対応できないという情報しかみつかりませんでした。しかし、海外サイトで見つけました。

How to Enable OTG Support on Huawei P9 Lite

https://androidtutorial.net/2017/03/02/enable-otg-support-huawei-p9-lite/

 

デフォルト状態ではサポートされていないので、簡単にOTG対応にできるわけではありません。少し手間がかかります。書かれている情報に基づいて、トライしてみます。

いくつかのサードパーティのAndroidデベロッパーがOTG化する方法を見つけたと書かれていて、その方法は100%成功したとのこと。

 

期待が高まります。

 

必要事項:

ルート化→始めにブートローダのアンロック

  1. Huaweiからアンロックコードの入手:
    開発者向けオプション:設定→端末情報→ビルド番号を複数回(7回らしい)タップ。これにより、設定内に開発者向けオプションというメニュー項目が現れます。

    P9lite本体のアンロックコードを入手するためHuaweiに登録が必要みたいです。
    以下のページに行き、
    http://emui.huawei.com/en/plugin.php?id=unlock&mod=unlock&action=apply 
    image
    が表示されるので、Huawei IDを持っていなければ、上記キャプチャの一番下にある、Registerを押して、先に登録が必要です。
    以下のような画面が出るので、
    image
    メールアドレス+Verification code(メールアドレス入力後、この欄の右のボタンを押すと、すぐにコードが送られてくる)、パスワードの設定、どこに登録するかJapanはないので、デフォルトのHongKongのままで登録(Registerボタン)を押す。

    すると、以下のような画面に移動しました。
    image
    上に並んでいるメニューからDOWNLOADを押すと、契約条件が英語で表示され、合意するにチェックを入れ、Nextを押すと、以下の画面が出ます。
    image
    各番号の取得の方法は、入力ボックスの右側にの説明の所をクリックすると、表示されます。
    ・Product Serial number=設定→端末情報→端末の状態→製造番号
    ・Product IMEI or MEID: IMEI1をまず入力する。だめだったら、IMEI2。設定→端末情報
    ・Product ID=製品ID:*#*#1357946#*#*に電話を掛けると得られます。音声電話を契約していなくても大丈夫そうです。
    Commitボタンを押すと、同じ画面に、Your unlocking password is : ****************と、16桁の数値が得られます。
  2. 得られたアンロックコードを設定
    Unlockの手順は、上記16桁のコードを取得したCommitボタンの下にある
    Please read the unlocking procedure once you have obtained the unlock password.
    を押して出てくる画面に書いてありました。

    その手順に従って進めます。
    Step 1:
    (1) Huawei Device websiteからphoneドライバをダウンロードして、PC上にインストール。
    特にリンクとかなかったのですけど、検索してそれらしいHiSuite_5.0.1.300_OVE.zipというファイルをダウンロードしました。インストールして、起動したら、新バージョン5.0.2.300_OVEに更新するとあり、再度インストール画面になりました。
    起動すると、USBケーブルで接続するというボタンが見えたので、ボタンを押してからUSBケーブルを接続しました。でも認識されませんでした。
    設定→詳細設定→セキュリティ→HiSuiteからHDBの使用を許可
    としたら、接続が認識され、PC上にP9liteの画面が表示されました。

    (2) ADBツールキット(Google提供)をダウンロードしてPC上にインストール。fastboot.exeが入っているディレクトリを確認しておくこと。 以下は、検索して、これなら大丈夫そうという手順
    ・Jave SEの最新版をダウンロードしてインストール。jdk-8u131-windows-x64.exe
    ・Androidのデベロッパー向けサイトからAndroid SDK本体をダウンロード。将来プログラムの開発もしたいと思っているので、SDK本体だけではなく全部インストールしました。

    起動したら、ウインドウの下の方にあるconfigureからSDK Managerを選びます。
    SDK Toolsのタブで、以下の2つ
    Android SDK Platform-Tools
    Google USB Driver
    をインストールします。後者は、必要か不明でしたが、インストールされていなかったので、インストールしました。

    確認必要なのは、どこにインストールされたかということです。私の場合、以下のディレクトリでした。
    C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools
    にadb.exeにあればよいようです。また、同じフォルダにfastboot.exeもありました。これらは、今後の作業に必要な重要なものです。どこからでもこれらの実行ファイルを使えるように、環境変数のPATHを変更しておくとよいかと思います。

    Step 2: アンロック
    設定→開発者向けオプション→OEMロック解除を有効にする
    PINを入力して有効化。最初このPIN何だったか思いつかなかったのですけど、電源を完全に切った後に起動したときに入力するPINと気づき設定できました。
    ここは、実際には、以下をトライして問題が生じてから気づきましたので、私が実行した手順とは正確には異なりますけど、ここに書いておきます。
    (1) デバイスをfastbootモードに入れる:
    デバイスの電源を切ります。その後、最低10秒間、電源と音量下げるボタンを押し続けて起動します。
    P9lite場合、電源ボタンを少し長押しして、画面に表示される電源を切るをタップし、再度タップを促す画面(電源をOFF)が出てきて、タップすると、電源が切れました。また、電源入れるときは、なぜかわかりませんけど、USBケーブルを接続していないと、FASTBOOT画面になりませんでした。
    そうすると、FASTBOOT&RESCUE MODEと表示された画面が出てきました。 これを出すまでにずいぶん、試行錯誤して、時間もかかりました。
    DSCN0329
    画面下の方にLockという表示が見えますね。

    (2) PCと接続:
    USBケーブルでPCと接続します。私の場合、すでに接続済みですけどね。
    PC上では、コマンドプロンプトを起動して、上記のadb.exeがあるディレクトリに移動しておきます。PATHを通しておけば、どこにいても問題ないと思います。
    そして、fastboot.exe devicesと入力してEnterを押し、接続状態の確認をします。
    番号(製造番号) fastboot
    と表示されれば、適切に接続されているようです。
    image
     
    (3) unlockコマンドの実行:
    コマンド プロンプト上で、以下のコマンドを入力します。
    fastboot oem unlock ????????????????
    ??は、Huaweiのページで取得した16桁のunlock用パスワードです。
    image
    P9liteの画面が変わりました。
    DSCN0330
    FRPの所がUnlockになりました。これは写真で画面を撮ったのですけど、この時のものだったか自信がありません。すいません。
    (追記) このFRPは、開発者向けオプションで、OEMロック解除を有効にすることで、Unlockになるということがわかりました。最初の写真は、それをしないで、Fastbootに入ったときのもので、こちらは、ちゃんとOEMロックを外した時の写真でした。

    (4) デバイスのブートローダーがアンロックするのを待ちます。
    アンロックするかどうか、Yes/Noを音量ボタンで選択(赤字が選択されている状態)して、電源ボタンを押します。
    画面に警告されているように、全個人データが消去されます。(工場出荷状態にリセット)
    DSCN0333
    まっさらな状態になるので、画面の指示に従って設定を行っていきます。
    HiSuiteでバックアップを行ったので、復元もしてみました。最初画面の指示で、たぶんGoogleがバックアップしたものを復元しましたが、画面上のアイコンの並びはめちゃくちゃになってしまいました。しかし、HiSuite上で復元したら、それも含めてきれいに直りました。ただし、アプリの復元のところで、エラーが発生しました。ESエクスプローラーが怪しそうなので、それだけ復元するのをやめてみたら、復元が成功しました。

    (5) アンロックに成功しているか確認:
    これは、上述の(1)(2)と同様にして、
    fastboot oem get-bootinfo
    をPC上で実行して、メッセージがunlockedとなっていたら成功しているということになります。
    そうしなくても、P9lite上は、FASTBOOT&RESCUE MODEの画面で、
    PHONE Unlocked
    FRP Unlock
    となっているので、確認するまでもないのかもしれません。
    通常の画面に戻すため、電源ボタンを長押ししたら、再起動がかかります。

    これでようやくroot化が完了しました。と思ったら、まだアンロックできただけでした。
  3. TWRPのインストール
    TWRPの導入が良いらしいので、入れてみます。
    以下のページに従って作業していきます。6まで完了していますね。
    https://forum.xda-developers.com/huawei-p9lite/help/twrp-root-huawei-p9-lite-t3401215

    手順の7から
    https://mega.nz/#!FtB2gZKL!vEa351gke...zlFdOMGMmucb2g
    から华为G9青春版EMUI4.1_TWRP3.0.2.rarをダウンロードしました。ファイル名の中国漢字がよろしくないのかそのままでは展開できませんでしたので、ファイル名を変更して展開すると、3つファイルが入っていましたが、目的のものは、recovery_twrp.imgらしいです。
    また、Fastbootモードに入って、以下を実行します。
    fastboot flash recovery recovery_twrp.img
    これは、TWRPをリカバリ領域に書き込んでいるようです。
    OKAYと表示されていますね。問題なければ、リブートします。
    fastboot reboot
    以下は、そこまでの画面キャプチャ。
    image

    して、もう一度電源を切ります。

    SuperSuをダウンロード。これは、展開しないこと。
    今回は、SR3-SuperSU-v2.79-SR3-20170114223742.zipがダウンロードできました。

    USBケーブルを抜き、音量上げと電源ボタンを押して、TWRPに入れとのこと。この時、手を離すタイミングが大切みたいです。ロゴが出るのと同時に手を離す必要があるとのこと。
    でも、TWRPが起動しません。何回かトライしましたが、だめでした。recoveryデータに問題あるかもしれないと思い、調べてみると、しましたが、だめでした。recoveryデータに問題あるかもしれないと思い、調べてみると、別のサイトが見つかりました。
    TWRP-3.0.2-0-hi6250-v4.zip
    バージョンは、同じ3.0.2ですけど、同じファイルではなさそうです。再度書き込んで電源を落として、音量upと電源ボタンを押して、ぶるっとして、Huaweiのロゴが出たら、手を離すと、開始したとのメッセージが出た状態で、その先のTWRPの画面に移行しません。

ここから長い試行錯誤が始まりました。ファクトリリセットとかも実行したり、そして、、、
ほぼ文鎮化に近い状態に。何とか起動はしたものの、キーボードもでず、WiFiの設定もできず、システムアプリのバックアップアプリがなくなって、HiSuiteから復元も機能しなくなってしまいました。ネットもつながらず、キーボードもなし、入力は音声入力だけが残っていますが、ネットにつながらないので、あっても機能せずの状態。にっちもさっちもいかないような感じです。

何がまずかったかというと、起動時にパーティションがおかしいから直すかというようなメッセージが出て、そちらを選択したため、システムファイルを破壊してしまったらしいです。

さらに、検索範囲を最近に絞ってみていたら、Android 7.0 (これは私のP9liteのバージョン)では、TWRPが動かないとかいう情報も見つかりました。3月くらいまでは、6.0でしたから、それに基づいた情報でひたすら試行錯誤していたのでした。

現在、意気消沈の状態ですけど、まだ、完全に動かなくなったわけではありませんから、方法を探りたいと思います。誰かのご参考になれば。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック