miniDLNAを使う   大成功だ~

昨日、何とかBraviaでSheevaPlug+を認識してもらうことに成功しました。

Braviaでは、フォト、ミュージック、ビデオという3つのメニューがありますが、どれも同じものが見えています。
これは、これでも構いませんが、見えているディレクトリは、minidlna.confで設定したものとは違いますし、どこを見ているのでしょうか?せっかく入れておいた写真データはどこにあるのか、見えているフォルダはどれも空っぽでした。

また、なぜ、Braviaが診断したら、SheevaPlugという名称で見つけたのか、MediaTombやuShareでは、その名前だったのにという疑問があります。
また、なぜ、接続サーバー診断で表示されたのが、SheevaPlug:root だったのか?

まずは、TV側でどのようになっているかを調べて見ます。

Braviaで見たフォルダ構成は、以下のようになっていました。
フォト
├Browse Folders
├Music  ──────Album, All Music, Artist, Folders, Genre, Playlists
├Pictures ─────All Pictures, Camera, Data Taken, Folders
└Video  ──────All Video, Folders
この構成は、フォトでも、ミュージックでも、ビデオでも同じでした。

少しminiDLNAについて調べました。
/tmp/minidlna下にfiles.dbというデータベースファイルと、minidlna.logというファイルが作成されています。
この場所は、設定で変更できるようです。

疑問の1つであるBraviaで見えた名称ですが、minidlna.conf内で、friendly_nameという項目があり、デフォルトではコメントになっていますが、これを設定すると、好きな名称で表示できることを確認しました。
なお、デーモンの再スタートが必要です。(sudo /etc/init.d/minidlna restart)

ファイルが見えない理由がわかりませんでしたが、ネットで調べてみると、データベースの更新がどうのこうのという情報が見つかりました。そこで、/tmp/minidlna下にできているfiles.dbを削除して再起動すると、ファイルサイズが変わりました。
-rw-r--r-- 1 root root 73728 2010-06-29 22:58 files.db

-rw-r--r-- 1 root root 81920 2010-06-30 13:00 files.db
ということは、何か変わったはず、Braviaで見てみます。
おー、ちゃんと写真のファイルが見えます。昨日、起動実験をしていた時、メディアディレクトリの設定をミスしていたことを思い出しました。これがおかしなデータベースを作ってしまった原因だったようです。

Bravia側で色々操作してみると、次のことがわかりました。
まだ、JPEGファイルしかサーバに入れていません。

メニューのフォト、ミュージック、ビデオでフォルダは見えますが、JPEGファイルは、フォトからたどった時だけ見えるようになっていました。
フォトの下のPicturesの構成は、
Pictures
├All Pictures→JPEGファイルがサムネイルと共にリスト表示されました。
├Camera
│ ├Canon IXY DIGITAL →JPEGファイルがサムネイルと共にリスト表示
│ ├Unknown Camera →同上
│ 
├Data Taken→Unknown Dateというフォルダが表示され、その中にJPEGファイル
└Folders→JPEGファイル(All Picturesと同様)

Cameraの下のフォルダ命は、JPEGファイルが取られたカメラ情報でフォルダが作られているようです。
たまたま、デジカメと携帯で取った写真が入っていましたが、キヤノンデジカメの名称のフォルダが作られ、恐らく名称を取得できなかった携帯はUnknownという名称のフォルダに分類されたものと思います。これは、miniDLNA側の処理かな。

まずは、JPEGファイルをサーバだけTVに表示できましたので、第一関門は突破できました。
ここまでできるとうれしくなりますね。さすがSheevaPlug+!!
あとで、音楽とビデオファイルもやってみようっと。




あると便利です!B-TAOカードホルダー10枚セット(B-TAO整頓ツール)
(有)如風

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック